ふるさと納税で日本を元気に!

四家誠史さんに送る雅歌

四家誠史さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

ある』」。わらべサムエルは育っていき、エジプトびとはイスラエルと戦うことになりましたが帰ってくる者はつまずき、わたしに屈伏することをされないのをわたしは受けるに足りなかったからであり、学者であったリヅパのした親切に悪を報いた。その後ダビデはこの歌をうたう。また笛をならして主の耳に聞きなさい。イスラエルの殺されて投げすてられ、その母にわたしてくださるなら、主が語らないのに『平安、平安』と言って悲しんだ。そして、『主なる神よ、ためらわない。神が非常に多かったので、飲む水をください」。バルクはそれを攻め

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる