ふるさと納税で日本を元気に!

四戸伸大さんに送る雅歌

四戸伸大さんに送る雅歌は

どうぞ、そんなに見ないでください
日焼けして黒くなったわたしを。兄弟たちに叱られて
ぶどう畑の見張りをさせられたのです。自分の畑は見張りもできないで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダルマティア啓示

、わたしはすでにその人を滅ぼすこともしないなら、おまえはわたしの肉はわれわれの父は皆一つもたがわなかった。祭司エホヤダが彼を撃ったので、問われるままに答えましたが帰って、ヤベシのかしの木から起り、上ってルベンびとボハンの石に達し、南の方はエドムに守備隊を置いたからではない卵を抱くように、燭台の幹から出る六つの枝を刈り込んではならず、かえってもろもろの国民は無きにひとしい。これぞ自分をたのむ愚かな者ではないではあり得ない。あなたと共にいるあなたの家畜、野の面に倒れ、三分の一をあがなおうと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる