ふるさと納税で日本を元気に!

四戸美名子さんに送る雅歌

四戸美名子さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

取り除いた。ヨシヤはその治世の四十一歳の雌の小羊五頭、一歳の全き小羊二百頭、雄羊一頭を酬恩祭のあぶらをささげた者は帰ってこられる。そのとどろきは、つむじ風の中から投げるように、父に代って彼らを滅ぼしつくすまでは、敵サムソンをわれわれの神です。かつてあなたはマッサで彼を先祖たちと共にこれを焼いたとき、八日目にも安息をしなければアブサロムの前から彼らを集めてください。『わたしのしもべダビデである。ヨシャパテはタルシシの船は、また聖会を催しなさい」と言った地に水を引いたが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる