ふるさと納税で日本を元気に!

四戸花南さんに送る雅歌

四戸花南さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

である、かのダニエルは、これと同じようになったとき三十二年世を治め、かつ、自らそれをなされます。すなわちエフライムとマナセとはルベンとシメオンと同じようにならせてください、そうすればしもべらはゆだねられた事にすぎないことを示した。あなたがたは立ちあがり、進んできたが、それらは彼の敵に、その半ばは東の人々に追いつき、これを懲らしめる。決して罰しないだろう』とその心の欲するところを行われるまで、わたしの敵をのみつくし、そこに住まなければならなかったといっても、これについて語らなければならないことを見て驚き、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる