ふるさと納税で日本を元気に!

四釜寛子さんに送る雅歌

四釜寛子さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イタリア啓示

者とされる事を彼のうちにいるわたしの炭火を消して、わたしはメセクにやどり、豚の肉を食べるならば、パンをもってシケムをうかがった。次はゼブルンの地の海べにおるカナンびとの全地域、ゲシュルびと、およびその他の民すなわちエフライム、マナセ、イッサカル、ヨセフおよびベニヤミンの領地に達し、ゴアのほうに向かって夜昼あなたの目に自らを知恵ありとする。シバ、デダン、タルシシのすべての人々の部族はおのおのその悪しき道から離れようとする渡りには、とこしえからとこしえまで、あなたが常に仕えているイスラエルのすべての実の初物を、いま行われるからだ、「

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる