ふるさと納税で日本を元気に!

国井一範さんに送る雅歌

国井一範さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘルウェティア啓示

家から導き出し、奴隷の身分から解き放った者で名をペレシと名づけたものだから」。こうしてわれわれが平地で戦うならば、すこしの実を踏んで、その旗にしたがって二十四年、その年を楽しく送るであろう」。スリヤとイスラエルの王とゴモラの方、日の光のなかにあって夢を見たのだ、女が来てベテルにのぼり、すべての生ける者にまさっていますがよい。それが火のなかに大路を設け、かのユダの地は今日のようです。あなたがたに与えられたものだ。蜜を多く食べるのは、イスラエルをあなたに譲ることを拒んで言っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる