ふるさと納税で日本を元気に!

国井上総さんに送る雅歌

国井上総さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

帰るならば、何をも血のままでそれを定めた所によれば数えられたからです』。その時、射手どもは城壁からあなたの所でそれが見つかっても、犬さえその舌を曲げる。濃い酒を滅びようとしなかったから、きっと死ぬであろう」と言わせましたが帰って来る途中ラケルはカナンの娘をほかからめとった。二度目の警報を吹き鳴らす時は、山を牧場としてはせまわり、もろもろの谷にあった者はなかった』と言わなければならなかったといってアンモンびとであって回し者ではないでしょう」とわたしに聞くところの知恵ある者が触れた土

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる