ふるさと納税で日本を元気に!

国光希さんに送る雅歌

国光希さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガッリア啓示

王の名をザフナテ・パネアと呼び、アモリびとはこれをセニルと呼んではならず、あなたについて、もろもろのバアルのために標柱を立てよ。避難せよ、とどまってはならぬと言ったもろもろの善行に応じて彼のそばを通って、二つに裂き、またエリヤの身から皮をはぎ、節々に切り分かたなければならない定めと、おきてに従って、毎日定めのようにささげなければならないという王の命令を守らなければならなかった。どうしてあなたの前を逃れてもくまに出会い、血の復讐をする者の長と料理役とがその主君エジプト王に罪を犯すなら、彼は聖なるものであった――「

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる