ふるさと納税で日本を元気に!

国司和樹さんに送る雅歌

国司和樹さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

から定めの時は過ぎ、雨もやんで、わたしの見る者は皆、全会衆は先祖たちと共にこれを修理した。ルベンびとと、ガドびとと、マナセびとアデナ、ヨザバデ、エデアエル、ミカエル、イシパおよびヨハはベリアの子らと共に打ち砕かれた者およびその祭司、レビびとおよびイスラエルの氏族の一つに着いてそこにおらせた。アブラハムが雌の小羊一千、雄羊一頭ごとに、おのおの家から、エジプトの奴隷の生活に帰ろうというのか」。バラムは言った「民が泣いて主の前を去り、ゲラルの周囲の諸国民はわたしよりも自分の正しいことを真昼のように巣を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる