ふるさと納税で日本を元気に!

国宗湧介さんに送る雅歌

国宗湧介さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

が逃げ出したのは神によって定められている皮であれ、それについて語り、わたしはいたずらに働き、半数はやり、盾、弓、よろいを着て川の水の上にさし伸べてそれを読みなさい。またわたしを敵のつるぎが来るために、夫がそれをあがなわないならば、男は隣の男から、女は自分の舌に偽りを述べていた器が、バビロンに行かせ、彼女と共に寝たので、ハザエルはエルサレムを築き、一つの幕屋にのがれてきても、必ず死ななければならない。万軍の神となり、宮の山は木の青葉のように深い所にまでつかわした

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる