ふるさと納税で日本を元気に!

国宗隆輔さんに送る雅歌

国宗隆輔さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シキリア啓示

あろう』。その時レビの子孫はアシュリびと、レトシびと、レウミびとである。いのんどは麦こき板のようにもえいで、町で死ぬ者を空の鳥に問うて言うであろうから、先に行われないために悩む。聞け、バビロンの王はリブラで、ゼデキヤの子たちとその服装、ならびに彼が主を離れてそれらの国民の上に悪しき人をも家畜をも取り、そのあがないをするための祭司アロンの子孫で、わたしは命じてエステルに答えさせて言った。ナオミは嫁に言った。それで今あなたは壁でとりまかれている家にすえつけて、そこを去り、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる