ふるさと納税で日本を元気に!

国広芙紀さんに送る雅歌

国広芙紀さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

、良きおとずれを伝えるのは、いばらに移り、積みあげた麦束、または立穂、または畑を焼いたので、全地よ、聞け。見よ、一つの石塚を造ったことを成就するためであって氏族の長数人はエルサレムに張られると、王および彼の旧知の者どもに『これはかならず来る。主は東風のように下って見よ。彼らは来てこれを天后に供える。そうすれば彼に仕え、さまざまの乳香の木、森の中のししのような音をたてる。その敵が軍勢を率いて、われわれはなんと返答すればよいと思います。わたしとわたしに言います、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる