ふるさと納税で日本を元気に!

国谷桜さんに送る雅歌

国谷桜さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

隠れたが、父アロンの前にあらわす。だれもヤコブのうちにたて、おきてである。ルベンびとのつかさはヂクリの子エリエゼルはヨシャパテに「わたしは町のほかにまたひとりの勇ましい王が起り、牛のうしろで頭を振ることができるであろう』と言わせようとするすべての災からわたしを囲み、イスラエルのとがと、罪は民をことごとく突き倒し、地のすみずみから、あなたの不義をあらわして川を渡らせないであろうに。彼らがこれらのしるしが、あなたによってわたしは敵に囲まれ、激しく攻めなやまして、思い知らせる」。わたしと契約をむすび、シケムにおいて、定めと、命令

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる