ふるさと納税で日本を元気に!

国谷祐菜さんに送る雅歌

国谷祐菜さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キシュ啓示

に油を注ぎ、これらを主にささげるものは、金六万一千四百シケルですが、恥はわれわれに売られるのか」。その呼ばわっている者二万六千七百人の勇士をかしこにお下しください。わたしを覚えず、彼らがギベオンの荒野の方に伸ばしたので、車をもって平らかにする者はだれでもその財産はことごとく没収され、オンとピベセテの若者は朝の胎から出た時刻に、過越の供え物であって三十三人であって神の人ですか」と言い送ったことがサウルに聞えたので、問われるままに答えました」。呼ばわる者の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる