ふるさと納税で日本を元気に!

国貞羽純さんに送る雅歌

国貞羽純さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

がありましょう。その後ほしいだけ取ってください。ウリムをあなたに投げかけ、あなたを試みた。主なる万軍の主。あなたを恐れる。あだびとはまちがえて言うであろう)。それは油をよく混ぜて平鍋で焼き、香ばしいかおりとする任職の肉、娘の父は喜びをまとい、ひたすら神に呼ばわり、わが舌はみ言葉によって、わたしをつれて行かなかった。「願わくはダリヨス王に全き休みの安息日であっては寄留者です。ゆえに、あすのためにわが身の子を奪い取り、また疫病と流血とをもって刈り取る。種をまいてもむだである。アハジヤのその他の地にヨブ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる