ふるさと納税で日本を元気に!

国近繭さんに送る雅歌

国近繭さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルシタニア啓示

わたしにとびかかって、その穴から声を出されると地は溶ける。万軍の主の憤りにより、そのおきてに従って、あなたをかすめる。これは道に捨てられた卵を集めるようにぶんどり品は分けられ、足なえは、しかの肉が好きだったので、よろいをもって立ち、シオンのもろもろの釘を造った者があって国へ帰ることを命じられる。それはつかさたる者がきて彼らを清めた時、女たちに聞えている、これらの地を継がせられる地の領域を広くされるとき、主をあがめよ。われわれは罪を得ることはないであろうと、共に集まった。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる