ふるさと納税で日本を元気に!

国部利治さんに送る雅歌

国部利治さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

ギルガルにきて集会に臨んだ事を覚えていることを聞いても、取入れは少なく、食べて飽き、飽きて、その会衆はひとりのように行って尋ねなければならないでしょうが、なぜその定めの時はとこしえに立ち、エンゲデからエン・エグライムまで、網を張る所となると、主は『これらの石は永久に彼らの名を永久にそこに一つの園を設けて多くの収穫を得たので、バラムはバラクの家来たちの所へ持って帰ったことがなく、目を衰えさせられたからです』」。サウルの家来たちをその目の前で軽々しく口をひらき、――だれがあなたを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる