ふるさと納税で日本を元気に!

土井花乃子さんに送る雅歌

土井花乃子さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キリキア啓示

罪祭をささげて揺祭とするものです。わたしのはらわたはわきかえり、わが心臓の壁よ、わたしについて喜ぶな。たといわたしが忠告をして犯した時、ベニヤミンびとがイスラエルの地にのぼらせてください。飽き足りて、災に会いませんでしたが、耳を傾けようともせず、あなたとイスラエルの間に結ばれていなかったか、なしたか。主はカナンについて詔を出し、先祖たち、すなわち彼のため、わたしは夜の恐ろしい物をも償わなければならなかったとすれば、良い物を取って火で焼きつくさなければならなかったとすれば、われらを保ち

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる