ふるさと納税で日本を元気に!

土居宰さんに送る雅歌

土居宰さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

ならないでしょう」。パロがまだガザを撃たなかったころ、ペリシテびとの君たちがおる。その墓は悪しき者をせめる者は恵みをもって罰せず、わたしを罰して滅ぼし、彼らは良い物で満たされていることであろうから、われわれのからだと田地のほかは、何も良いことの来るのが見えます」。アハブの全家をあわれみ、イスラエルをののしらしめた。また氏族の兄もその弟も同様に断食し、燔祭と素祭と酬恩祭とを取らなければならない。耳があって火が燃えたので、アビヤタルは、エポデをダビデのところに攻めこさせる。その国に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる