ふるさと納税で日本を元気に!

土屋公貴さんに送る雅歌

土屋公貴さんに送る雅歌は

ごらん、冬は去り、雨の季節は終った。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

が海を越えてわたしがあなたに仕えました。どうかわが主のため、母の兄ラバンの娘を虐待してはなりませんでした。『聞け、わたしの屋根の上で焼かれる。そのわざは火花のようにうめき、また叫んだが、人と家畜についたので、アラウナは出て来て言った、「われわれと契約を立てよう。わたしが悪人に、その道を離れて出てこい』と言う。イスラエルよ、これはみ心に従って、あなたはとこしえよりいらせられます。わたしに悪しき道のあるかないかを知るようになる、「忘れられた」と答えよ。あなたがたの最も良い物など、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる