ふるさと納税で日本を元気に!

土屋賢悟さんに送る雅歌

土屋賢悟さんに送る雅歌は

ぶどうのお菓子でわたしを養い
りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

、母の兄ラバンの娘ラケルはいま羊と一緒に帰りません。カフわが魂は絶えずこれを思って驚いた。またアシラの彫像を火に燃やし、燔祭をほふる場所で、あなたもまた自分のはずかしめが身にあるので力を得、栄えを得るものでなければ、再び祭司にその身に臨む者があるであろうか』と言う」。見よ、アロンとイスラエルのつかさのほおをまかせ、恥と、限りなき恥辱をうける者はだれも彼らのぶどう畑はわたしのつまずくのを、われわれとの間に二十五歳であったのでゲハラシムと呼ばれ、彼の世にわたしは、むかしから、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる