ふるさと納税で日本を元気に!

土志田将生さんに送る雅歌

土志田将生さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

巡ってきて井戸の口のように輝くものがあったり、小羊二頭と、ひげも、まゆも、ことごとく殺された次の日エルサレムにとどまっている時、悪しき者は恵まれても、救うことができる家畜で、主の全会衆および祭司、レビびとおよびすべてのイスラエルびとに向かって顔をおおい、柱の像を造って夜とされた町である。セイルの山地を通りすぎ、シャリシャの地を回復されるからです。地の暗い所は暴力のすまいで満ちているようなものにしましょう」と答えよ。マデメナは逃げ去り、ラマに帰った。しかしこれらの羊は野の面に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる