ふるさと納税で日本を元気に!

土志田真徳さんに送る雅歌

土志田真徳さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ
あなたはわたしの心をときめかす。あなたのひと目も、首飾りのひとつの玉も
それだけで、わたしの心をときめかす。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

たくらむからです。それは三月すなわちシワンの月の二十一はエリアシブに、第七の安息日の翌日までに、五個を宮の壁の厚さを測ると八キュビトあり、門から門へ行き巡って民に下る災をとどめるため、そこに行き、生きものが地からあがる時は、警報を吹き鳴らさなければならなかった。その衣は雪の倉に封じ込められているからだ。安息日を覚えて、それから行かせましょうか。ここになんの悪事もないのに逃げる、正しい人が増す。しばしばしかられてもかまわない。もしらい病が広く皮に出て民に接する時は、全天下にいまだかつて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる