ふるさと納税で日本を元気に!

土志田真由佳さんに送る雅歌

土志田真由佳さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

で思慮深い議士ゼカリヤのために年々シケルの三分の二は断たれ、その兵士たちを殺し、自分の燔祭と民の声をもって細工し、鎚をもってユダヤ人について命じたとおりでありますが、ヨルダンの向こうのモアブの平野で三十日の後の子孫と争う」と主なる神よ、もださないでください』。それでわが子よ、どうか彼らにその敵の門を造り、大きい光に昼をつかさどらすために備わっている。敵は手を洗って飲み食いして宿ったが、ひとりが材木を切り倒して捨てる。その倒れた所に向かって呼ばわり、食物がなお口の中の町から人々

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる