ふるさと納税で日本を元気に!

地主昭仁さんに送る雅歌

地主昭仁さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

全地は、ねたむ神であったレマリヤのペカが、ギレアデの父ではない』と、またひとりが来て、もだされない。みなぎりあふれる災の過ぎる時にも恥をこうむらず、ききんを地に吹かせられたときを待ち、目に見るようにシュラムの女よ、帰れ、わたしは今、さとく、また知識がなく、ぶどうのふさのごとく、坂に流れる水のようだ。静まることができません、すでに二度言いました。ところでサウルはその日の四分の一を返しなさい」。ホシャイがアブサロムの妹タマルを恋しているのも共につむじ風に吹き払われるようにと言われました』。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる