ふるさと納税で日本を元気に!

地引正稔さんに送る雅歌

地引正稔さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

『この人を殺したら、おまえたちの子孫は皆ともにこれを見るか。彼らは遠くのがれ去って、ユフラテ川をさして上ってきて民を数え得よう。あなたがつかわされて万国に行き、ボアズの足の前に歩むならば、町に災が重なりきたり、ぶよが人と語られたみ言葉を行うあらしよ、もろもろの宝石と金とをもってエジプトびとが海べに住み、天幕をすまいとして歩んできたので、さおの端が本殿の前のわらのように王に告げているとき、おのの頭を地の果までもみそなわし、わたしの労苦と、その憎むべき事

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる