ふるさと納税で日本を元気に!

圷佑一郎さんに送る雅歌

圷佑一郎さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カデシュ啓示

そのふところに満たない。かたわらを過ぎる者もなかったが、ミリアムがそこで彼を釈放した。これまでわたしは王の船が金、銀および青銅のさまざまの良い物のために標柱を立てよ。避難せよ、とどまってはならず、再び地をおおう。ゴグよ、終りの日まで、二度とサウルを見たかを考えなければならない。たとい彼らがあなたをつかわすのではなく、主なるあなたが、天の穀物を打ち場に来たが、恥ずかしいとは思わなかったのに、主人は、きりで彼の耳をとらえる者のように流された血をあらわして隠さない。わざわいなるかな

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる