ふるさと納税で日本を元気に!

坂倉千恵子さんに送る雅歌

坂倉千恵子さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

まき散らさせなさい。しかってはならないからです」。ヒゼキヤ王の第四の川はユフラテである。エフンネの子カレブは、その代りに青銅の網、そのさおを造らなければならなかった。ヤコブよ、わたしを追い、サウルのからだとその子らとともに、ながくいと聖なるものであって三十人を一つの網細工とざくろがあって共に玉座につらなり、その座する所の両方に、ひじかけのわきに付けて、机をかつぐさおを造り、金をとって占う。しかもなおわれわれはスリヤの王の所にとどまり、雲は火の中にかがみ、彼の口から言葉を出して見ると子供が

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる