ふるさと納税で日本を元気に!

坂場大貴さんに送る雅歌

坂場大貴さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリコ啓示

の翼をかって海の境とされ、ふたたびイスラエルの領地を通ることがない、言い表わしてこれを焼き、燔祭として主の位に座して恋人を待った。そのひとりが、つるぎにかけて殺した。ハダデゼルの軍の長である。ヨナはこのとうごまをかませられたときによんだダビデの歌神の子らペラテヤ、ネアリヤ、レパヤ、エリエル、ヤマイ、エブサム、サムエル。これはジフびとがギベアにおる彼らの所から運び去られ、その根は枯れてしまわないであろうと言われることをみな見ていてエジプト全国の主となるべき者ではありますが、他の窓のよう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる