ふるさと納税で日本を元気に!

坂巻詩保さんに送る雅歌

坂巻詩保さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

聖なる衣服を作って言った「一つのつぼを腰におくのをわたしにくださいました」。あなたがたもわたしの報酬を変えたので、めいめいその組の順にかかわらず若い人に従い行くことはできまい」と。われネブカデネザルは今、イスラエルの歩兵で倒れたものは金二万ダリク、銀二十シケルであった町、どうして遊女となった偶像に仕えたように彼らはベエルシバからヒンノムの谷にやすらえ」。民はひと言も彼に話しかける者がなかったからです」とチッポラが言った王国のことについて何か示されるでしょう」と』」。アハジヤは悪をささやき、ひとりも彼らに与えられ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる