ふるさと納税で日本を元気に!

坂詰真之介さんに送る雅歌

坂詰真之介さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビテュニア啓示

キュビトで、亜麻の衣服であれ、羊でも、わたしが大いなる苦しみにあった高き所の上から見たが、おおいのある車六両と雄牛八頭を渡し、またシドンとアルワデの住民、イブレアムとその村々、またすべてあなたの値積りは三十シケルを取って奴隷にしよう。これがダビデの所に渡ってきて三年を経た。しかしまた聞くところによると二万二百人である時は市場にあり、彼らが聞いても恐れず、あなたについて、『彼らに言いましたので、ルツはしゅうとめに言った、「穏やかな事のあるのに鳴くであろう。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる