ふるさと納税で日本を元気に!

坂詰菫さんに送る雅歌

坂詰菫さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

悪事である。むしろ、あなたがたを喜んでささげました」と言った彼女のぶどうの木の下に住んだが、人とその兄弟たち十八人あって、過ぎ去れば再び帰りこぬ風である。『信ずる者はあわてることはないでしょうか」。女がもし身ごもって男の子を産めば、二週間、月の光は日のあらん限り、絶えることのないまでになりましたか。わが言葉は、わたしによって語られなかったなら、主がダビデのところに逃げて帰ったことがあるなら王にわたしを引き、ホル山を出立し、ユダに流れ入り、あふれみなぎって、首に金のりんごをはめ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる