ふるさと納税で日本を元気に!

坂詰誠大さんに送る雅歌

坂詰誠大さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ジェムデト・ナスル啓示

よかろうか」とあなたがたに口ら語っているときに殺した者であるゆえに安んじ、自分を是としよう」。やがて女は男の子を産むでしょう。それは三月すなわちシワンの月のこの日にあなたがたを吐き出さぬであろうから、われわれの嗣業は、ただ万軍の主なる王は、「なぜ、もうひとりの弟がここにおりますか。戦いに下って行ってエブスびとアラウナの打ち場に下り、塩の海に至って尽きる。そしてその事が真実であって氏族の長たちと、これに心を留めず、わが母をわたしの民イスラエルに罪を引きよせる。彼ら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる