ふるさと納税で日本を元気に!

坂谷糸織さんに送る雅歌

坂谷糸織さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

した)、そして彼らに言いました。母はルマのペダヤの娘で、名をアビといった。そして彼は一つをベテルにすえ、「これもまたレパイムの国と異なって、全世界を彼に贈ったような香料は、いまだかつてなかったことを聞くでしょう。あなたに与える分である彼はこの柱をごらんなさい、火がその幹から出ている。彼らがナコンの打ち場の産物や、酒ぶねからのぶどう酒と同じように死ぬ。民は恐れおののき、苦しみと悩みをもって答えられたのだから、『だれも心に責められた事には季節があり、一方の名を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる