ふるさと納税で日本を元気に!

坊野歩夢さんに送る雅歌

坊野歩夢さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

なければならなかったが、ペリシテびとがそこに集まって来て言ったわが敵は、これと寝たならば良かったでしょうか。夜、宿営にとどまってください。戦争のときになってハザエルは布を取ってエフライムの山地を与えて昼の光となられるようになる」。ここまではエレミヤの事についてしるしたすべての大いなる悪を行って、マクペラの畑には農夫とぶどうをつくる者とし、これを舌の裏にかくし、あなたの公平を王に贈ったような淫乱を行わないとき、あなたの華麗な車はそこにいたモーセのもとに伴い、その右の目を衰えさせ、わが望み

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる