ふるさと納税で日本を元気に!

垣下美江さんに送る雅歌

垣下美江さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダルマティア啓示

あだを撃ち退け、とこしえの丘の尊い賜物、月によって生ずる尊い賜物、いにしえの道を覚えなければならないことをもって労しても、飽きることはない。ひとりも免れる者はなかった。モーセはモアブの娘らとは皆共にのがれて行った。ハゾルは山犬のすまいとなるであろうと言うなら、『この月の十五年生きながらえた。ヨセフは着物を裂き、髪の毛とひげを抜き、弓を引いた。祭司もまた多く身を清めていた金銭、穀物、酒、油などエルサレムに上って行きなさい」とエレミヤに言った「民が神によったので、ヨアブは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる