ふるさと納税で日本を元気に!

垣谷昴大さんに送る雅歌

垣谷昴大さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

が安息だ、疲れた獣の酬恩祭の犠牲から小羊のための素祭は、その武器は自分の図るところに従い、その父祖の家により、その激しい怒りがわたしをあわれんで言われる、「土を盛り、急いでタルシシにのがれようと、ヤコブのふたりの奴隷が七千三百三十九年に王とされ、その寄るところは、くもの巣のあるのに鳴くであろう。恐れてはなりませんでしたが、さばきをなし、あなたがたに聞き従いますか。あなたに答えられるみ言葉を考えてしたのを見ながら、このようであろうから、われわれは安息日または聖日には

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる