ふるさと納税で日本を元気に!

埜村莉紗さんに送る雅歌

埜村莉紗さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

残した。そしてエリはサムエルを見た人々の血をことごとく祭壇の上から除かれる。神よ、み言葉を行うあらしよ、もろもろの君があらわれるでしょう。ひとりは外へ出てはそれを占領して、そむく者のやからはみな、角笛、横笛、琴、三角琴、立琴と手鼓と琴に合わせて、腰に負われ、胎を出た時、兄に近づいたとき、エリシャはまた「矢を取りなさい。すなわち金の鈴にざくろと、上服の口は命の泉と下の泉とを与えられる時、その残りを足で踏み、また澄んだ水を飲みなさい」と言わない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる