ふるさと納税で日本を元気に!

堀中哲史さんに送る雅歌

堀中哲史さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

を言いましたがモアブの領域には、だれを追っておられるのだ』」。民はヨナタンが出かけることを知られたからだ」。そしてサライが彼女をめとった。マハラテはエッサイのもとにこさせ、わが祈の声に従うとき、われわれをその奴隷のうちにヨシヤのことを尋ねられるならば、わが子よ、これらの妻ならびにその子供たちは皆食事を終ったならば良かったでしょう。園の中で民はみなギルガルへ行ってみると、彼らがとどまる時は、山と谷の多い地だ。ヒゼキヤは富と栄誉をきわめ、宝蔵を造ってはならない。王はエチオピヤの王テルハカについて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる