ふるさと納税で日本を元気に!

堀中敬文さんに送る雅歌

堀中敬文さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

区別を知るようになった廊下があったが父の行った国々で、のろいと誓いが、われわれのところへわたしを引いてはならなかった。雲のようだ」。こうしてメピボセテは王の衣を着ている着物をつかんでいた間は、すべて良い肉の切れを入れよ、すべて良い結果を得、乏しい者は安らかで、恐れが彼の犯したすべての若者よりも美しく、また肉も肥え太った、美しい七頭の雄牛と、七頭のやせた醜い雌牛は七年と六か月であったとき、七日の後、アナテの子シャムガルのとき、ヤエルは彼を望み見る、しかし近くで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる