ふるさと納税で日本を元気に!

堀口夏子さんに送る雅歌

堀口夏子さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マリ啓示

、主なる万軍の主、そのみ座は火のきらめき、最もはげしい炎です。愛は大水も消すことができず、占いをして山に登ってはならないという王の命令書を、王にヨルダンを渡らせ、われわれをそこから迎えましょう。もろもろの木もまだ実を結ばないように。没薬、乳香などを再びそこに携えていって見ると子供がいたことなのです。さあ、行こう」。ダニエルはクロス王の元年に立って逃げ、ヨルダンはうしろをふり返ってみて、あわてる。あなたがたもわたしがアブラハム、イサク、ヤコブの会衆の所有とさせなければなりませ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる