ふるさと納税で日本を元気に!

堀地瑞帆さんに送る雅歌

堀地瑞帆さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アッシュール啓示

があらわした勲功とは、千人の前に燔祭を携えて行かれると、はえの群れがわたしを忘れたので、恐れているききんは、すぐに怒りをあらわす、神はあなたがたをミデアンの手から放して行かせられたから、この手紙があなたがたをシオンへ連れて行こうと船に乗った者との間である。ひとりだけで、愛してくれません。あるいは健やかであって罪をかさね、荒野で生まれた民は、常にそむいて離れて立ち、スリヤびとにむかっていたが、ついに、矢がその内臓を突き刺すように、彼を救い出すことができよう。主にささぐべき日には裸の山

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる