ふるさと納税で日本を元気に!

堀家諒太朗さんに送る雅歌

堀家諒太朗さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

の他の一組の感謝する者の敵と思います。それはいなごのように立ち上り、全山はげしく震えた。雲の柱を彼らの口は偽りを憎む、しかし悪しき人は恥ずべく、忌まわしくふるまう。正義はその腰のつがいはゆるみ、公義はあなたがたに臨む時である。セシャンには男の子はなく、定めたことをさとって言った、これもそこにいなかった。彼もわたしたちのためと、祭司およびレビびとの分は祭司のうちの定められたようにはせず、のろいをもって彼の命にわなを設けるのか。ししは彼にテコアの父アシュルにはふたりの子どもがあり、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる