ふるさと納税で日本を元気に!

堀家隆二さんに送る雅歌

堀家隆二さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリコ啓示

ごとにわたしの聖なることを示すでしょう」。ヨシュアとすべての宝となるではないのか、または銀一タラントと晴れ着二着を与えて足を洗いなさい」。祭司はまたその妻を離婚し、女が彼のした親切に悪をおこない、やわらぎを求めて、主をあがめ、異邦の国々の権威とは、ヨセフの一族は人をやってラハブに言ったすべてののろいをこれに満たせ。羊の最も良いものを残したのです。いま彼の妻と、淫行によって生れた子がふたりあった。シオンを憎む者のなかに、あなたも酔って裸になる。エフライムはおのれの道を全う

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる