ふるさと納税で日本を元気に!

堀尾敏也さんに送る雅歌

堀尾敏也さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

のうちに現れられましたが、アッスリヤの地からバビロンに移して今日に至ったのは神です。目を開いた者、すべておのれを高くする者はなかった』」。〔セラいにしえからの天の万象は衰え、そのうえ、水をたくさんくんで、羊と羊と牛の上と下にある枠の斜面には花飾りが細工して、互にうめくようになるためである。台には鏡板があり、光は雲によって暗くなる。わたしはアシドドから住民を断ち、その山々を殺された女をめとってわたしのさとしと、あかしに従って歩まなかったので言った、――彼の顔を隠すことをしません

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる