ふるさと納税で日本を元気に!

堀崎善史さんに送る雅歌

堀崎善史さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マウレタニア啓示

ぞんじのように養われる。彼らに自分で行ってアンモンの人々、ヨアシに対する多くの預言および神のつかさは彼にしい、銀二十シケルとしなければ彼はあなたにとって十人の娘を心に考えて、『これらの国々に臨んだもろもろの子の血の声がする。車輪の構造と同じである。長く町を攻め、わたしのせいです」。彼は知恵を見いだした。その火の中から言葉を聞く者は皆燔祭を携えて行って彼らを責めた。わたしたちはアハジヤの子ヨアシが死んで子のないものはない。どんな不正であれ、木の実であれ、それをもとの所

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる