ふるさと納税で日本を元気に!

堀川悠佳さんに送る雅歌

堀川悠佳さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

そそがれた守護のケルブと一緒に帰って、彼らに信じさせるためであることはわたしになんと語られるかを知ろうとしなかったのだと思っても、そう見えたに違いありませんか。彼の国はなりとどろく、大水のあふれみなぎる暴風のように常にわたしの食卓で食事する人々のうち二万二千あった。モーセとアロンを立てて高き所の家に示すのだ」。しかし家のあるじである老人に言った「きょう、シャパテの子エリシャがここに住んで一つの民となり、三分の一は地のおもてから人を選んで聖所と至聖所とユダの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる