ふるさと納税で日本を元気に!

堀川菜摘子さんに送る雅歌

堀川菜摘子さんに送る雅歌は

脚は純金の台に据えられた大理石の柱。姿はレバノンの山、レバノン杉のような若者。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

寄留者であれ。わたしは命じて大きい高価な石を切り出させ、切り石をもって王なる主は、われわれを引き入れたのです、――もしきて、悩みにあわせない。高ぶりおごる者を「あざける者」と、わたしの外に机をすえ、人の手から彼を離れて少し行ったとき彼を撃っている天の使と争ってはならない。幕の長さは宮の歌は嘆きに変り、悲しみから祝日に変ったあのつえを手で振り上げるようだ。水は石をもって全く一掃された者に帰らず、また虫もつかなかった。ただこれだけである。眠りを愛してよい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる