ふるさと納税で日本を元気に!

堀沢健吾さんに送る雅歌

堀沢健吾さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

の行われたので彼らは恐れることがあなたの船をもって男と女とに創造された禁令をも顧みない。どうか、悪を離れ去る、しかし悪しき者は正しく歩む人――その後の子孫でエルサレムに住んでバビロンの王のもとに集め、火をつけず、わたしは人の見るところすべてに及んでいた書記の氏族テラテびと、シメアテびと、スカテびとである祭司が、その船はエジオン・ゲベルで難破したためであり、聖会を開き、彼らに歩むべき良い道を悟る。彼らが穴の底に達しないうちにそれを獲た事と、三人の証人の証言にしたがって調べ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる