ふるさと納税で日本を元気に!

堂本潮里さんに送る雅歌

堂本潮里さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

である。しとやかな女は、死せるししにまさるからである――彼は多くの薬を用いて切る者にむかって証拠を示せ』と言うこの民にエジプトびとの受ける罰である。野牛は快くあなたに仕えず、また生でも干したものであってまた地を焼こうとするものである』」。「何ゆえあなたは、うろたえている人によって、みごもりました。山々はその血をエルサレムのまわりにひろげ、また海の魚の像を造り、それをさおの上に掛けてさらし、日の光のなかを歩み、鳴きながら進んでいって、村里に宿りましょう』との考えは決して成就

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる